コロナ禍での中学受験!逆境をチャンスに!親子で歩む合格への軌跡

コロナ禍で不便な東京ですが、その状況をチャンスと捉え、試行錯誤しながら中学受験に挑みます

新型コロナ 自宅療養者の苦しみ その④

おはようございます。

新型コロナ体験談 その④になります。

本日は、発症4日目のことを書きたいと思います。

--経緯--
2021/8/15にコロナを発症し、約2週間の自宅療養を経験しました。
その間はとにかく不安で、メンタル的にもかなりやばかったんですが、コロナ経験者の方がアップしているブログや動画を見て随分勇気づけられました。
自分と同じような症状の方で完治された事を聞くと安心できるんですよね。

なので、私もその経験談をブログに記しております。コロナで闘っている方の一助になれば幸いです。

 ----

以下過去記事です。

 

その① 発症~陽性確定までのこと

www.benkyou.site

 

その②陽性確定日(発症翌日)のこと

www.benkyou.site

 

その③発症3日目のこと

www.benkyou.site

 それでは8/18(発症4日目)のことを振り返ります。

◇8/18(水)

相変わらず身体の痛みがひどいです。トイレなどで少し動くとひどく息切れをし、汗も大量にかきます。2階から1階に移動すると、しばらくその場に倒れこんで休息しなければならない状態です。本当にきつかったです。

この日は妻、息子、娘の3人が濃厚接触者ということでPCR検査を受けに行きました。
息子とは発症直前に2リットルのペットボトル飲料を共用し、妻へは飲みかけのアイスコーヒーを飲んでもらった経緯がありましたので、やばいなあと思っていました。

ちなみに、この時大好きなアイスコーヒーがとても不味く感じ、妻に飲んでもらいました。これもコロナの影響だったのかもしれません。

PCR検査ですが、5歳の娘が泣きじゃくったとのこと。確かに鼻の奥へ棒を突っ込むのは大人でも嫌です。かわいそうなことをしました。。。

結果は前記事にも書きましたが、妻と息子(中学生)が陽性、娘(5歳)が陰性でした。ちなみに、この時にはまだ妻も息子も症状なしでした。

さてさて、すごく困ったことになりました。
5歳の娘を何とか守らなくてはなりませんが、妻も息子も陽性ですので、どうしようもありません。

結果、私と息子が同室、妻が極力娘と距離をとりながらリビングで生活することにしました。5歳児なのでお風呂や食事など色々手を貸してやる必要があります。
一緒に遊んで欲しい年ごろでもありますので、本当に困りました。。。
結果としては何日もの間、ipadを渡し、YouTubeで時間をつぶしてもらう他に手はありませんでした。

私の体調ですが、相変わらずきついです。咳止めも効かず胸の痛みがでてきました。保健所からもらった自宅療養マニュアルへ胸の痛みが出た場合は至急連絡を!と記載されていたため、連絡したところ、症状が悪化していることを理解いただけました。
色々保健所内でも検討いただき、夕方からホテル療養へ切り替えれることに。
ただ、そのためには50分後に自力で10km以上離れた保健所まで来てくれと。
車の運転ができる状況ではないし、5歳の娘を置いて妻に送ってもらうわけにもいかない、そもそも準備を考えると時間が足りない。ということで、ホテルへ行くのは翌日に変更しました。とはいえ、この時点で、妻や息子が今後症状出ないかも心配で、ホテル行きはまだ悩んでいました。。。

また長い長い夜が始まります。咳、熱、痛みで寝れない。夜になると咳がひどくなるので怖かったです。寝ている間に症状が悪化する恐怖もありました。その点、中学生の息子が同じ部屋にいてくれたのは正直心強かったです。(逆に私が息子の異変に気付いてやらなければならないという風に思っていました)

この頃から「重症化」を意識するようになりました。2割の人が重症化するとか、肥満体型の人は重症化しやすいとか色んな情報を聞いていたので本当に不安でした。(私は若干の肥満体型です。。。)

そんなこんなで発症4日目が終わりました。。。

 

 

 

新型コロナ 自宅療養者の苦しみ その③

新型コロナ体験談 その③になります。
8/16に新型コロナ陽性と診断され、自宅療養することに。翌日8/17のことを書きたいと思います。
◇8/17(火)

前日から背中や腰、膝の痛みが酷く、解熱鎮痛剤でごまかしながら自宅療養しております。熱は37℃台ですが、解熱鎮痛剤を飲んでいるので実際の体温は不明です。熱の怠さよりも身体の痛みをきっかけに薬を飲んでましたね。

この頃から身体の痛みがきつく、お風呂に何回も入ってました。何故か風呂に入ると痛みが緩和される気がしまして。ただ、風呂へ入ると出た時の疲労感が半端なかったです。この頃から少し動くだけで息切れをし、大量の汗をかくようになりました。

ちなみに酸素飽和度は身体を動かすと93や94になってました。ただしばらく安静にしていると97とか98に戻るんですよね。
保健所の方には、戻ればとりあえずは問題無しで引き続き経過観察をしてくださいと言われました。ただ、かかりつけ医に聞くと、若い人は身体が頑張るからすぐに酸素飽和度が上がる。上がったからといって安心とは言えないと言われました。
まあ、当然ですがお医者さんの言われたことを信じてビクビクしてました。。。

この頃から、近所に住む親や兄弟に色々支援をしてもらうようになりました。

妻も濃厚接触者となりましたので、外出はできません。なので、近所の親や兄弟を頼りました。
食材はもちろんですが、身体の痛みを緩和すべく、大きな枕や抱き枕を買ってきてもらい、背中や腰にあてて痛みを誤魔化してました。
意外に効果がありましたね。

あとこの日から味覚障害・嗅覚障害が発症しました。何を食べても味がせず悲しかったです。
痛み止めを飲んで落ち着いている時は食欲もあったのですが、味覚がなくなり食欲は無くなってしまいました。大好きなコーヒーも一切口にしなくなりました。

後々、この食欲低下が体力の低下に直結し、大変な事態に陥りました。
ほんと、食欲なくても無理矢理胃に流し込むのは大切だと思います。もちろん、胃痛や下痢が酷いなどときは別ですが。

そんなこんなで自宅療養2日目は過ごしました。ちなみにこの日はまだ同居家族に症状は出ておりませんでした。

その④に続く。。。

新型コロナ 自宅療養者の苦しみ その②

こんばんは。
新型コロナ体験談 その②です。
その①では陽性反応が出たところまで記しました。

〜その①〜
https://www.benkyou.site/entry/2021/09/01/081533

医師が戻って来て検査キットを見た途端、温厚な先生がビックリしてました。
そしてかけられた言葉が「良かったですね。検査して」でした。
ただ、私は「良かった」という気持ちは全くなく、ただただ不安でした。

その後、医師から当面の薬(解熱剤、咳止め、痰切り)を渡され、保健所からの連絡を待つように指示されました。

取り急ぎ、妻へだけ連絡し、自宅に入ることもできず、しばらく車の中で呆然としていました。

1時間経っても保健所から連絡が無かったため、前日に会った人と会社へお詫びの電話をし、保健所の指示を待つ旨を伝えました。

その後、しばらくして保健所からの連絡。
発症日が8/15(日)となり、その2日前である8/13(金)以降の接触者について細かく聞き取りがありました。

結果、普段はマスクをしており、家族以外と食事もしていないことから、濃厚接触者は同居家族のみとなりました。

両親と会って、饅頭くらいは食べたんですが、その程度では濃厚接触者にはならないとのことでした。(その後も両親は発症することもなく無事でした)

同居家族(妻、息子、娘)は濃厚接触者となり、2日後の8/18(水)にPCR検査をすることに決まりました。ただただ、家族には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

前の記事にも書きましたが、息子とはペットボトル飲料を回し飲みし、妻には私の飲みかけのアイスコーヒーをシェアしてましたので、かなりの確率で陽性になるだろうと覚悟していました。

保健所からは、自宅療養になるのかホテルに行くのかを決めるのでしばらく待つように指示がありました。

ただ、すぐに決まらないとのことでしたので、やむを得ず、しばらく自宅で隔離をすることにしました。
2階の1室を私専用の部屋にし、そこで保健所からの連絡をただただ待ち続けました。
病院で解熱剤をもらったので、多少全身の痛みが和らぎ、少し眠ることができました。

夕方、保健所から電話があり、自宅療養が決定しました。また、酸素量を測る機械や自宅療養のマニュアルを送付する旨の伝達を受けました。

それから解熱剤で痛みと熱を抑えながら翌朝まで耐えました。解熱剤が効いている数時間だけ眠れたように記憶しています。。。

私の症状ですが、結論から言うと途中でどんどん変化していきました。
発症日から3日間くらいは、痛みと倦怠感が主な症状で、徐々に鼻水や喉の痛み、激しい咳と味覚障害・嗅覚障害・下痢が出てきました。その後、熱が下がり、身体の痛みが治った頃から、貧血のような症状になり、寝返りをうつのも厳しく、起き上がると全身から血の気が無くなり、吐き気に襲われるという最悪の状態になりました。
その後、吐き気をこらえながら、無理矢理身体を動かし、とにかくゼリーと果物を食べまくったら少しずつ、回復しました。。。

少し話が飛びましたが、発症日の翌日(陽性判明日)までの経緯は以上です。

今思えば、クリニックで陽性がわかり、薬をその場で受け取ることができたのが超ラッキーでした。

保健所等で陽性が判明すると、近所のクリニックにかかることもできなくなり、何らかの手段で市販薬を入手するしかありません。

保健所に聞くと、電話診療を受ければ2-3日後に薬を受け取る仕組みもあると言われました。ただ、私の場合、2-3日を薬無しで耐えることは厳しかったとおもいます。
自治体にもよると思いますが、症状がある陽性者には迅速な診察と薬の配布ができるような対策を打っていただきたいです。

それから、酸素量を測るパルスオキシメーターも当日(それも極力すぐに)に陽性者へ届ける仕組みが必要だと思います。

酸素量は自宅療養者の命綱です。命綱無しで何時間も耐えるのは本当に恐怖です。。。

それでは、今日はこれくらいにしておきます。

ありがとうございました。

新型コロナ 自宅療養者の苦しみ その①

おはようございます。
本日からブログを再開いたしました。

まずはつい先日かかった新型コロナについて語りたいと思います。

私自身、2021/8/15にコロナを発症し、約2週間の自宅療養を経験しました。
その間はとにかく不安で、メンタル的にもかなりやばかったんですが、コロナ経験者の方がアップしているブログや動画を見て随分勇気づけられました。
自分と同じような症状の方で完治された事を聞くと安心できるんですよね。

なので、私もその経験談をブログに記したいと思います。コロナで闘っている方の一助になれば幸いです。

コロナ体験談ですが、何個かの記事に分けて記したいと思います。今回は、コロナ陽性までの経緯をご紹介したいと思います。

◇家族構成とコロナ検査結果
私:陽性(8/16抗原検査)
妻:陽性(8/19PCR検査)
息子(中学生):陽性(8/19PCR検査)
娘(幼児):陰性(8/19PCR検査)

◇8/15(日)
午前
息子と屋外でスポーツを2時間実施。
1時間ほどで酷く疲れ、休憩を多くとりながら継続。息子とは2リットルのペットボトル飲料を共用。
昼〜夕方
激しい倦怠感、関節痛に襲われる。
熱中症になったと思い込み、休養を取るも一向に回復せず。徐々に熱が上がり始める。
この時の辛さは、フルマラソン後とほぼ同じでした。(私はいつも練習不足でフルマラソンに出るため、当日の夜は関節痛や高熱に大体襲われます。。。)


倦怠感、高熱(38.5度くらい)、全身の痛みに苦しみ、寝れず。(とにかく背中から腰にかけての痛みが酷かった)
ただ、スポーツ直後から症状が出たということです、コロナではなく、熱中症だと思い込んでいた。

◇8/16(月)
午前
熱中症が治らないという事で会社へ休む連絡をし、10時頃まで横になる。
しかし、身体の痛みが酷く寝れない。熱もあったため、かかりつけ医へ事前連絡した上で診察。ここで医師からコロナの検査をするかどうか問われ、念のために抗原検査を実施する決断。

鼻の奥へ綿棒を突っ込んで検査実施。15分で結果が出ると言われ、検査キットを置いたまま医師は一旦別の場所へ移動。
立ち去る時に、ボソッと「大丈夫そうだねえ」
と言っていた。。。
(熱が高かったためクリニックの中ではなく、別の建物で検査を実施)

ところが、検査から数分で赤い線が。。ネットで調べたところ、陽性で間違いない。。
頭が真っ白になりました。
これからどうすれば良いのか、家族は大丈夫なのか、とにかく不安でした。。

この後は次の記事に書きたいと思います。
ちなみにこちらの画像が検査キットの結果です。ものの数分で赤い線が出てめちゃくちゃ焦りました😅

f:id:hirofuchu:20210901081226j:plain

ブログ復活します

息子の中学受験→引っ越し→転勤と怒涛の日々を送り、ブログから遠ざかってましたが、少し落ち着いてきましたので復活したいと思います。

ちなみには息子の中学受験は3勝3敗で第4希望の学校へ入学しました。はとても悔しい思いをしましたが、親子で中学受験に挑んだ事、3校から合格を勝ち取った事は素晴らしい財産になりました。

このブログのテーマが中学受験でしたので、今後ブログを書くにあたり、全体的に見直しが必要かと思っております。。。

しばらく書きながら見直ししていこうと思いますので、よろしくお願いします。。。

まずは先日かかったコロナネタでも書こうかと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

近況報告(過去問演習をはじめました)

こんにちは。コロナの接触通知が来て以来、しばらくブログから遠ざかっておりました。かなりドタバタの日々を過ごしておりました。。。
少し落ち着いて、書くことも溜まってきているので、ちょこちょこ更新していきたいと思います。

息子は相変わらずマイペースに勉強を続けております。理社の基礎が未完成ではありますが、過去問演習中心の勉強法にシフトしております。というのも、過去問演習前に、コンプリーションを1周させる予定でしたが、息子と相性が悪いのか全然進まず、ダラダラ時間だけが過ぎてしまうのが明らかでした。メモチェもコアプラスもコンプリーションも、中学受験の定番と言われる問題集はどれも中途半端。。。

一方で、テスト形式の勉強は好きなようで、見直しを含め、集中して実施してくれるようです。知識量が不足しているのは明らかですが、過去問演習で間違えた箇所をインプットしていく形式に早くから移行してみました。これが吉とでるか凶とでるか。。。。

過去問ですが、第4志望から第6志望の学校で国算が6~7割程度取れるようになってきました。理社は5割程度と伸び悩んでおります。初めの頃は国語以外の教科は3~4割程度だったんで、少しずつ伸びてはおりますが。

第1志望〜第3志望の学校については、ほとんど手付かずですね。まずはほぼほぼ受かると言える学校を作っておきたいなと。

過去問演習になってますます、個別指導塾への期待値が上がってきました。毎回、解説読んでも解けない問題が数問あるんですよね。解説読んでもわかんない問題は捨てても良い気がしますが、チャレンジ校を見据えると、理解させておきたいところ。質問フォルダがパンパンになってきました💦追いつかない。。。

 

 

(通知がキターー!!)COVID-19にさらされた可能性があります( ;∀;)

こんにちは。
接触確認アプリ(COCOA)から通知が来てから今日までの記録を備忘として記載いたします。同じように通知が来た方は参考にしてください。。

平日の日中、テレワーク中にスマホiphone)に通知が来ました。

「COVID-19にさらされた可能性があります」

この瞬間の事をはっきり覚えておりませんが、とりあえずスクショとってました。

無意識にスクショとってからCOCOAを開いたようです。。

COCOAを開くと・・

「陽性者との接触は確認されませんでした」

えっ?なに?どういうこと・・?

「万が一会社へ出勤できない」とか、「子供が学校に通えなくなる」とか、そんなことになる不安が頭をよぎり、アプリの表示を信じて、通知は見なかったことにしようかと、一瞬考えてしまいました。。。

一呼吸おいてから、ネットで検索。わかったことは・・・

 ・アプリにバグがあり、同じような人は大勢いる

 ・厚労省のFAQによると、とりあえずメールで連絡してほしいとのこと

 ・スマホの設定画面から本当に接触があったかどうかログ検索できる

ということ。

とりあえず、ログを検索してみると・・・

Match=1・・・

やはり接触している。。。。

ただ、具体的な接触日時は不明とのこと。

その後、厚労省のFAQにある連絡先へメール・・・

「通知は来たが、アプリ上は接触なしの表示なんですがどうすればいいですか?」

という内容を送ってみた。

ただ、この後どう行動すればよいかわからず、自宅にいましたが、とりあえずマスクをつけました。。

少し落ち着いてから、翌日は通常出社予定だったため、どう行動すべきかはっきりさせるため、帰国者接触者電話相談センターへ電話してみた。。

ワンコールでつながり、色々聞いてみた。

とても親切に答えていただき、不安が払拭された。

聞いたことは次の通り。

 ・アプリに不具合がある。通常は接触日もわかるはずだが、私の場合は不具合のため
  わからない状況。その場合、通知日=接触日として扱うことになる。

 ・ログ上、Match=1となっていれば、接触ありと考えてほしい

 ・アプリ通知はbluetoothの感度次第で別の部屋でも検知することあり

 ・症状がなく、感染の心当たりがなければ、2週間の健康観察のみでよい

 ・もしPCR検査を受けると、陰性であっても2週間の自宅待機となる

 ・陰性で2週間の自宅待機となっても、家族は通常通りの生活を送ってよい

 ・仮に陽性だったらその時に保健所の方と話をしてほしい。

この時の私の結論としては、厚労省へメールした返信を待とうということでした。

返信が来るまでは出勤は自粛し、具体的な接触日がわかってから行動しようと。

・・・

しかし、厚労省からの返信はなかなか来ず・・・

翌日、万が一のことを考え、PCR検査を受けることにしました。

相談センター経由で保健所の方と調整し、検査はその翌日午後に決まりました。

場所は非公開となっており、なんとも言えない雰囲気・・・。

検査自体はすぐ終わりましたが、インフルエンザの検査よりも長時間で痛かったです。
(左右両方の鼻の穴に巨大な綿棒を突っ込まれました)

結果は4日程度かかるかも・・?といわれましたが、翌日には出ました。

正直、かなり不安でした。

まさか陽性だったら生活はどうなるんだろうと・・・。

幸い夏休み中でしたので、子供たちの学校を考える必要もなく、念のため自宅でおとなしくさせときました。

結果は、「陰性」

アプリの通知から結果がでるまで、3日間。

通知日すぐにPCR検査を申し込めば2日で終わってたかもしれません。

たった3日ですが、めちゃくちゃ長かったです。
正直、仕事にも身が入りませんでした。

陰性がわかった日の晩は祝杯をあげました。

まあ、その後の自宅待機もなかなか辛いですが。。

振り返ってみると・・

・アプリの不具合は致命的。通知が来てもアプリの画面見てスルーする人は多いと思い
 ます。ていうか、たぶんほとんどの人がスルーするんじゃないでしょうか?

・アプリで接触確認された場合、「PCR検査を受けなければ自由」、「PCR検査を受け
 ると陰性でも2週間の自宅待機」というのが少し納得しがたい。

PCR検査を受けるだけでも、世間の目がとても気になる。後ろめたい
 (今回の事で何人の人に謝ったか・・・)

・検査会場での感染リスクがとても気になる。
こんな感じですね。

現在もCOCOAは私のスマホ接触がないか監視しております。
また通知がきたらどうしようかと、正直不安です。

なお、非公式のサイトにて、アプリの接触ログにあるハッシュ値を入力すると接触日を表示してくれるものがありました。試しに入れてみると、接触日は検査日の2週間前とのことでした。。。もしそれが本当であれば、私のPCR検査は不要となります。
検査での感染リスクもありますので、早めに不具合を改修いただきたいものです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加