中学入試は課金ゲー?家庭学習のみで中学入試に挑む親子

中学入試は課金ゲームなんて言われてますが、そんなことはないはず。家庭学習だけで中学入試を乗り切ります

(中学入試対策の定番)メモリーチェックとコアプラスを比較してみました

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村

こんにちは。
今日はうちの息子が理科・社会の勉強に使用している、日能研のメモリーチェック、サピックスのコアプラスを比較してみたいと思います。

我が家ではメモリーチェックから始めて、ほぼ1周してからコアプラスをやっています。

息子曰く、圧倒的にコアプラスの方がやり易いとのことです。

また、親の負担も圧倒的にコアプラスが楽です。

この2つの問題集、決定的な違いは、解答が別冊になっているかどうか。
モリーチェックは解答が別冊で、コアプラスは問題の右側に答えがあります。

どちらも繰り返し使って記憶、理解、定着を図るものですので、使い易さが重視されます。

その点でいうと、コアプラスが圧倒的に使いやすいです。
解答箇所を隠しながら繰り返しチェック出来ますし、行間がある程度空いていて読みやすいです。

モリーチェックはというと、そのまま使うと、問題見ながらノートに解いて、別冊回答を見ながら答え合わせをするというスタイルになるので、やりにくさは否めません。

うちはメモリーチェックの問題欄へ親が赤字で解答を書き込み、赤いシートで隠しながら勉強してました。
ただ、この作業は親の負担が相当大きいです。
また、行間が狭い上、そこに回答を書くことになるため、とても読みにくいです。

うちの息子も、メモリーチェックはごちゃごちゃし過ぎて好きになれなかったようです。
一応1周はしましたが、相当苦痛だったようです。

これから理科や社会の問題集を購入される方については、コアプラスがおすすめですよ。

よかったらブックマークをお願いします😃

このエントリーをはてなブックマークに追加