コロナ禍での中学受験!逆境をチャンスに!親子で歩む合格への軌跡

コロナ禍で不便な東京ですが、その状況をチャンスと捉え、試行錯誤しながら中学受験に挑みます

天王山の夏が終わっちゃいます。。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村

中学受験における天王山と呼ばれる夏休みがもう終わります。

天王山とは、羽柴秀吉明智光秀の「山崎の戦」がルーツで、天下分け目の大決戦を指しますよね。

社会が苦手な息子に「天王山って何のこと?」って質問してみたところ

「高い山、要」との回答。

まあ、間違いでもないですが

「勝負の分かれ目」

と答えて欲しかったところ。

散々、天王山の夏だって耳にしていたので、重要な時期くらいには認識してたんでしょうね。

ただ、言葉の通り、この時期で合否が決まるくらいに夏休みの重要性を意識しておいて欲しかったです。

 

さてさて、そんな天王山がついに終わってしまいます。

天王山の夏ですが、小学生最後の夏でもあり、親としても勉強+アルファの経験を積ませるべく、色々詰め込んでしまいました。

 

午後から片道1時間半かけて川遊びに行く計画も立てました。

親としては、

朝7時から12時まで5時間勉強

往復の車で3時間勉強(暗記)

21時に帰って23時まで2時間勉強

合計10時間達成。途中休憩しても8時間は余裕♪

なんて甘い考えを💦

 

実態は

朝8時に起床。1時間勉強したら集中力切れ

その後、11時頃まで友達とオンラインゲーム💦

11時から12時まで勉強。

12時過ぎに、川遊びへ出発。

30分ほど車に揺られると、睡眠。

起こしても、眠気で超不機嫌。

ほとんど勉強にならず。

帰りも川遊びに疲れて爆睡。

自宅に着いたら布団へ直行。

翌朝は10時頃まで爆睡。

 

まあ、こんなもんですよね。

10時間勉強の予定が3時間弱。おまけに翌日の午前中もほぼ勉強出来ず。

 

ただ、川遊びで無邪気に笑う息子を見ると、連れてきて良かったなあと思いました。

ただ、秋からは心を鬼にして、全ての生活を勉強中心にしたいと思います。

 

志望校ですが、夏休みが終わる頃にある程度決める予定にしておりました。夢を見るのも夏までにしようと。

塾の先生からはチャレンジ校を目指しましょうと。その学校の合格に照準を合わせてやってきましょうとの話がありました💦持ち偏差値はまだまだ足りてないけど、可能性は十分あるとのことでした。

本人も受けたいと。

弱腰になってるのは親だけですね。

チャレンジ校向けの勉強へ注力しすぎて、全落ちなんてことにならないように安全校の対策もしていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加