コロナ禍での中学受験!逆境をチャンスに!親子で歩む合格への軌跡

コロナ禍で不便な東京ですが、その状況をチャンスと捉え、試行錯誤しながら中学受験に挑みます

近況報告(過去問演習をはじめました)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村

こんにちは。コロナの接触通知が来て以来、しばらくブログから遠ざかっておりました。かなりドタバタの日々を過ごしておりました。。。
少し落ち着いて、書くことも溜まってきているので、ちょこちょこ更新していきたいと思います。

息子は相変わらずマイペースに勉強を続けております。理社の基礎が未完成ではありますが、過去問演習中心の勉強法にシフトしております。というのも、過去問演習前に、コンプリーションを1周させる予定でしたが、息子と相性が悪いのか全然進まず、ダラダラ時間だけが過ぎてしまうのが明らかでした。メモチェもコアプラスもコンプリーションも、中学受験の定番と言われる問題集はどれも中途半端。。。

一方で、テスト形式の勉強は好きなようで、見直しを含め、集中して実施してくれるようです。知識量が不足しているのは明らかですが、過去問演習で間違えた箇所をインプットしていく形式に早くから移行してみました。これが吉とでるか凶とでるか。。。。

過去問ですが、第4志望から第6志望の学校で国算が6~7割程度取れるようになってきました。理社は5割程度と伸び悩んでおります。初めの頃は国語以外の教科は3~4割程度だったんで、少しずつ伸びてはおりますが。

第1志望〜第3志望の学校については、ほとんど手付かずですね。まずはほぼほぼ受かると言える学校を作っておきたいなと。

過去問演習になってますます、個別指導塾への期待値が上がってきました。毎回、解説読んでも解けない問題が数問あるんですよね。解説読んでもわかんない問題は捨てても良い気がしますが、チャレンジ校を見据えると、理解させておきたいところ。質問フォルダがパンパンになってきました💦追いつかない。。。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加